ソフトウェア

板金部品の見積・査定ソフトウェア

これいくら

 

 

 

 

 

 
 

何を基準に判断していますか?

板金製品の適正価格

 

「今買っているこの部品は高いのか?安いのか?」

「今買っているこの部品は高いのか?安いのか?」

「これから買おうとしている部品の値段を早く知りたい!」

「納期の関係で相見積を取っている時間がない」

「今、設計している部品は安くできているのか」

「VE/VAでコストダウンをするのに
いちいち見積を取るのは時間の無駄だ」

「板金部品の基準的な値段はどのくらいだろう?」

「同じ図面でも見積る度に違う値段がでてくる?」

板金製品のコスト査定や見積りを楽にします

 

板金加工に関する専門知識がなくても、
誰でも簡単に操作でき、
適正且つバラつきの無い値段の算出ができます。

今まで、部品製造の発注先を決定するのに
かかっていた時間と費用が節約できます。

井口一世が開発した
板金製品の見積・査定ソフトウェア
「これいくら」は、
簡単な操作で即座に
適正価格を出すことができます。

今まで見積にかかっていた
煩雑な作業から解放されます。

 

 

システム画面イメージ

 

 

Top画面トップ画面

トップ画面から、「新規査定」または、過去見積査定したデータを「検索」する事ができます。

査定画面査定画面

項目にそって、必要な条件を入力していくだけで簡単に適正価格が算出できます。材料などの条件は、あらかじめ設定しておいたプルダウンメニューから選べるようになっています。

過去査定リスト画面過去査定リスト画面

保存されている過去の見積結果も、簡単に検索し一覧表で表示します。新しい見積と容易に比較することができます。

見積査定シート見積査定シート

計算結果は、内訳と合計をわかりやすく表示します。コスト高になるファクターを探し出し検討する事が容易にできます。また、システム画面だけではなく、見積査定シートとしてPDF出力が可能です。

 

 

 

製造ノウハウ構築・運用

知財システム

Coming Soon

 

 

 

 

 

工場技能伝承・営業ノウハウ継承

技能を次の世代に継承できる

製造ノウハウだけではなく、営業ノウハウなど

ありとあらゆる情報を紐づかせ

効率的なアウトプットを実現

文字・画像・映像・音声等様々なインプットに対応した
ユニーバーサルインターフェース搭載

素人でも職人技術を

文系人材でも・新人でも

高度なスキルがなくても

知財システムがあれば、すぐに使えてモノを作れる

熟練工の技を再現!

グループ会社株式会社井口一世にて蓄積された
最新データを含むビッグデータに基づく